映画・翔んで埼玉(とんで さいたま)は面白い?つまらない?翔んで埼玉の評価や感想は?

翔んで埼玉は2019年に実写化された映画です。ガクトさん・二階堂ふみさんが出演していて、東京都に住んでいる人が埼玉県に住んでいる人をバカにする内容になっています。

翔んで埼玉は面白い?つまらない?評価と感想

ここでは、翔んで埼玉は面白い?つまらない?について、ご紹介します。

また、あらすじやキャスト(出演者)、評価や感想などもまとめていますが、映画評論家のような難しい評価はできませんので、参考ていどにお願いします。

翔んで埼玉(映画)あらすじ※ネタバレなし

翔んで埼玉(映画)のあらすじ※ネタバレなし

ネタバレをしないように気をつけながらまとめます。

東京都にある名門校・白鵬堂学院に百美(二階堂ふみ)がいます。百美の父は東京都知事で、将来は百美も東京都知事になる予定です。そういうこともあり、百美は埼玉県民をバカにしていました。

そんなとき、麗(ガクト)が転入してきます。麗は埼玉県民を守るために行動しますが、麗と接することで百美の人生は大きく変わっていきます。

埼玉県民をディスりまくる内容になっているコメディ映画です。


スポンサーリンク

翔んで埼玉(映画)監督

翔んで埼玉(映画)の監督

翔んで埼玉(映画)の監督は、武内英樹さんです。

翔んで埼玉(映画)キャスト

翔んで埼玉(映画)のキャスト

翔んで埼玉(映画)のキャストをご紹介します。

  • 百美(二階堂ふみ):白鵬堂学院・生徒会長の男子
  • 麗(ガクト):アメリカ帰りの転入生
  • 建造(中尾彬):百美の父で東京都知事
  • 恵子(武田久美子)百美の母
  • 阿久津(伊勢谷友介):百美の家の家事や事務を監督している
  • おかよ(益若つばさ)麗の家の家政婦

翔んで埼玉(映画)評価と感想※面白い?つまらない?

翔んで埼玉(映画)の評価と感想※面白い?つまらない?

ネタバレをしないように気をつけながら感想をまとめます。

翔んで埼玉の原作は知りませんが、「埼玉県民をディスる映画」と話題になっていたので試しに観ました。

内容についてですが、特別面白いということはありませんでした。ガクトさんはテレビで観るガクトさんのまんまでかっこよく、二階堂ふみさんは細くてキレイな体をしていました。

それで、埼玉県民をバカにするような内容になっていましたが、そんなに気分が悪くなるような内容ではありませんでした。もしかしたら僕が埼玉県民ではないからなのかもしれませんが…

そんな「翔んで埼玉」ですが、はっきり言って面白さがよく分からなかったです。とは言うものの、笑って観ている方もいたので面白い内容になっているんだと思います。

ただ、笑っているところが「春日部市」という言葉が出たり、地区名が出たときだったので、もしかしたら埼玉県民は違った見方をしているのかもしれません。

僕には面白さが分からない映画でした。


翔んで埼玉(映画)は面白い?つまらない?と聞かれたら、僕は「65点、普通」と答えます。

  • つまらない:0~30点
  • 普通:40~70点
  • 面白い:80~100点

スポンサーリンク




関連記事→翔んで埼玉の主題歌でエンディング曲の動画※はなわの埼玉県のうた