高齢者OK賃貸、なぜ低迷?【1人暮らし支援を行政はもっとアピールして】

高齢者OK賃貸が低迷【住宅セーフティネット制度】

高齢者OK賃貸が低迷しているようです。これは1人暮らしの高齢者が入居できるようにと、国土交通省が昨年2017年10月に始めた「住宅セーフティネット制度」です。1人暮らし支援と呼ばれています。

1人暮らし支援の「住宅セーフティネット制度」を簡単にいうと、「国や自治体が部屋の改修費などを補助するから、1人暮らしの高齢者に部屋を貸してください」というものです。

この制度は低額所得者、子育て世帯なども対象者です。

これは、少子高齢化により、これから更に増えるであろう「空き家」を減らす対策でもあります。

ですが、いまいち伸びが悪く、高齢者OK賃貸の「住宅セーフティネット制度」」が低迷しています。

高齢者OK賃貸は、なぜ低迷している?【住宅セーフティネット制度】

高齢者OK賃貸は、なぜ低迷している?【住宅セーフティネット制度】

高齢者OK賃貸は、なぜ低迷しているのでしょうか?

もともと、一人暮らしの高齢者の入居は難しい賃貸が多いです。というのも孤独死していても気付くのが遅くなってしまうことも多いんです。発見が遅れたりすれば、その部屋は事故物件として扱われてしまうこともあります。

そうなると、その後の入居者を見つけるのは大変で大家さんにはリスクも高いです。

この高齢者OK賃貸ですが、なぜ低迷しているか?はっきりしたことはよく分かりません。

  • 大きく取り上げていないので、知らない大家さんが多い
  • 「住宅セーフティネット制度」の申請が面倒くさい
  • 孤独死の確立が高いと考え1歩前に踏み出せない

このように、行政のアピールが少ないのか、申請手続きに手間がかかるのか、孤独死が増えるのを心配し1歩前に踏み出せないのか、色々な理由が考えられます。

ですが、これから1人暮らしをしなければならない高齢者は多くなります。まずはたくさんの大家さんに、この制度を知ってもらうことが重要なのではないでしょうか。

そのために、行政は「住宅セーフティネット制度」をもっともっとアピールしてほしいです。

この「住宅セーフティネット制度」は高齢者には助かる制度なので、今後も引き続き継続してほしいです。高齢者OK賃貸の低迷がメディアで取り上げられるのは良いことだと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: 右クリック使えません