深田恭子が残念女子役「初めて恋をした日に読む話」って面白いの?

深田恭子がドラマで残念女子を演じる

深田恭子さんがドラマで残念女子役を演じますが面白いの??

女優の深田恭子さん来年2019年の1月から始まるTBS系連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」で主演を務めることが分かりました。

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」は、毎週火曜・夜10:00から放送されます。

原作:初めて恋をした日に読む話


原作は日本の漫画家・持田あき(もちだあき)さんの漫画をもとにしています。「初めて恋をした日に読む話」は恋愛をテーマにしていて、そのなかにコメディアンも取り入れていますのでお笑いもあります。

深田恭子が残念女子役・ドラマの内容


深田恭子が残念女子役・ドラマの内容

深田恭子さんが演じる残念女子は、31歳のアラサー予備校講師です。東大受験に失敗してからは、ぱっとしない人生で恋は失敗、就職活動も失敗、婚活にも失敗します。

そんな深田恭子さんが、東京大学合格を目指す不良高校生・由利匡平(横浜流星)と出会います。どのような恋愛に発展していくのか…

深田恭子さんが演じる残念女子の、このドラマは他にも2人の男性が登場します。

いとこの八雲雅志(永山絢斗)、春見順子と同級生で高校教師の山下一真(中村倫也)、この2人も春見順子(深田恭子)が好きで、タイプの違うイケメン3人が春見順子(深田恭子)を取り合うというストーリーになっています。

深田恭子さんが、残念女子に見えるのかがポイントではありますが、この冬一番の恋愛ドラマとして期待されています。

原作の評判はとても良く女子に人気のキュンキュンドラマです。

深田恭子さんが演じる残念女子役、いまから楽しみですね。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: 右クリック使えません